磁気ネックレスを手首や足首につけても大丈夫か!?

磁気ネックレスを手首に?

 

「磁気ネックレスを手首や足首に巻いても効果があるのでしょうか?」

 

という質問がありました。

 

a0800_000401

 

結論からいいますと、手首でも足首でも効果はあると思いますが、磁気ネックレスよりは専用の磁気ブレスレットのほうが、より効果が高いと考えられます。

 

試しに磁気ネックレスを手首に巻きつけてみると、思ったほどフィット感がありませんでした。留め具の硬さや長さが手首とは合わずに肌から浮いてしまいました。

 

足首でも同じような状態になりましたが、靴下の中に入れてしまえば浮いてしまうことなくなるかもしれません。

 

磁気ネックレスを手首や足首に身に着けてもある程度の効果は期待できますが、どうしても血管と磁石の距離が離れてしまうので、やはり効果は薄くなってしまうと思います。

 

【スポンサーリンク】

血液は全身をめぐる

 

磁気ネックレスの磁力は血液の成分に働きかける(と言われている)ので、基本的には身体のどこに身に着けてもある程度は効果が期待できると思います。

 

磁気ネックレスが有名なのは、肩周りの筋肉が張りやすく、しかも首周りには太い血管が通っているので、より効果的なのだと思います。

 

なので手首や足首に限らず、太ももや二の腕でも血行を促進する一定の効果はあると思います。

 

ただし、肩ほど肌に密着してフィットしないので効果が落ちることは否めません。また血管も遠くなります。

 

もし過去に何かしらのネックレスを身につけたときに煩わしさを感じたのなどの理由で、磁気ネックレスの手首や足首の使用を考えているのであれば、やはり専用の磁気ブレスレットの購入をおすすめします。以外と様々な種類が見つかると思います。

 

【amazon】磁気ブレスレット

 

【楽天】磁気ブレスレット

 

磁気ブレスレットにも様々なデザインのものがあるので、お気に入りのデザインを探してみてください。

 

私は磁気ブレスレットを使用したことがないのですが、磁気ネックレスよりも安い価格のモノもあり、おそらくフィット感も考えて設計されているので、より違和感なく装着できると思います。

 

ただし、磁気ブレスレットを使用するときは腕時計との併用はしないでください。また磁気に弱いハードディスクが搭載されているノートパソコンも避けた方がいいと思います。

 

>>磁気ネックレスとパソコンの関係

 

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_coding15095904-thumb-1000xauto-18356

 

磁気製品はネックレスに限らず、ブレスレットや磁気枕、サポーターに肌着、マットレスやファンデーションまで、様々な商品があります。特にコラントッテはバリエーションが豊富です。

 

もし肩こりではなく腰のコリや張りが気になるのであれば、腰専用の磁気製品の方が相性が良いと思います。それは手首でも足首でも同様です。

 

磁気ネックレスが一番というわけではないので、あなたの気になる箇所に合わせて磁気製品を選んでみてください。

 

既に磁気ネックレスを持っていて、手首や足首に試してみたいのであれば問題はありません。なるべくフィットするように角度などを調整して試してみてください。

 


関連記事